行動変容とは何か

Human Finderが行動変容を起こし、パフォーマンス向上させる事例をご紹介します

成長とは、行動変容を起こすことである

  • 行動変容とは「社会に対して価値を生むために、行動がより良い方向に変化すること」といえます。それは成長そのものであり、自身が進化した証でもあるとHuman Science Plowは考えます。

行動変容はどうやって起きるのか?

例えば医学では、患者を様々な方法で診察し、その結果をもとに診断をします。
「このような症状が出ているから、この薬を飲んで痛みを抑えましょう」
「この部分を手術すれば、このように症状は改善します」
このように、医師は一人一人の症状にあわせて解決策を提案します。

行動変容も同じことが言えます。

「その人がどのような行動を取っているのかを理解」し、「取っている行動(現状)と求められる行動(あるべき姿)とのギャップを把握」し、「どのように変えたらあるべき姿に近づくかを考える」。この一連の作業によって起こる行動変容こそ、“人の成長”です。

そのためにはまず、「自身がとっている行動」と「求められる行動」を把握して、現状を理解することがスタートです。

そのために開発されたツールがHuman Finderです。

成長を目指すための地図、Human Finder

人の“行動”そのものに着目し、『行動を数値化』することで、『行動変容を可視化』できる新しい行動特性アセスメント Human Finder。心理テストにより個人の行動特性(行動の傾向)を測定し、多様な状況においてその人が取ると思われる行動について診断します。

Human Finderでは、求められる行動の上に、今のその人の行動を映し出すことができます。
地図上で自分がどこにいるのかをポイントするのと似ています。
そのため、一人一人にあわせた成長までの道筋が描きやすく、目標設定も無理なくでき、成長につながりやすいのが特徴です。

継続的な行動測定で、行動変容を“視る”

Human Finderを受検しただけでは行動変容につながりません。

行動変容において、大切なことは、継続して変化を視続けることです。
点で視るものではなく、線でとらえる必要があります。
どのような目標設定を行ない、どのような取り組みを行ったことで、どのような変化が起きたのか。
これらを丹念に継続的に追っていくことで、真の行動変容は必ず起きます。

日々の変化を毎日の行動と照合して、行動変容のきっかけや原因を明確にし、総合的に行動変容を捉えることで、より深く成長への納得感を持つことができ、セルフ・ディベロップメント・サイクルのスピードを早めて正のスパイラルに導きます。
また、一定の期間を置いて行動の変化を測定することで、前回の受検時と比較し、今の意識、考え方、感じ方の変化を数値として測定し、コンピテンシーの変化をとらえることも重要となります。

Human Science Plowでは、皆様の行動変容=成長をサポートするための様々な取り組みを行っておりますので、まずはご相談ください。

その他のソリューションを見るにはこちらから

Human Finderは各企業や組織に応じてカスタマイズが可能なプログラムです。評価されているソリューション方法をご覧ください。