News Details

ニュース詳細

2021/06/16

軽自動車一台分の悩み

Human Finder News Letterをお読み頂き
誠にありがとうございます。
 
――――――――――――――――――
本メールは、(株)Human Science Plowが
営業活動、または、大学のプロジェクトで名刺
交換させて頂いた皆様にセミナーのご案内や
人材開発に関する情報を送りしております。
――――――――――――――――――
 
(株)Human Science Plowの柿沼昌吾と
申します。
 
今回は、社会人の自己啓発について
とり上げたいと思います。
 
「軽自動車一台分ですよ!」
 
先日、企業の人事の方と話した時のこと。
その方が自己啓発のために、ある機関の
コーチング資格取得コースの受講費用を
調べ、その高額さに驚いた故の言葉でした。
 
資格取得をゴールにし、半年から一年かけて
スキルを学ぶコースは、高いものが多いのが
事実ですが、実体があり利便性が明確な車と
比較すると、その高額さが際立ちます。
 
効果が見え難い中で、自分のために多額の
投資することは、とても勇気のいることです。
 
私は数年前にある資格を取得しました。
私にとってはとても高額なコースでしたが、
どうしても取得したいものだったので、
思い切って挑戦してみました。
 
結果、取得後、仕事に大いに役に立ち、
視野も広がり、私のキャリア形成で
なくてはならないスキルとなっています。
 
しかし、この費用を工面するのは大変でした。
まず、長い時間、家族を説得しましたが、
なかなか納得してもらえず、思い切って会社に
掛け合いました。
取得後このスキルを使って売上を立てることを
約束した上で、大部分を会社負担にしてもらい、
「その金額なら」ということで家族もようやく
理解、申込みにこぎつけた次第です。
 
スキル習得は色々な手法があり、独学でお金を
かけずにその道のプロになる方法もあるかと
思います。しかし、体系的な知識が身に
付くまで時間がかり、エキスパートとしても
自信が持ち難いのが正直なところではない
でしょうか。
 
資格取得の良い面はベースとなるスキル・知識
が効率的に習得できることと、もう一つ重要な
ことは、その資格証書を貰うと同時に、
目には見えない「スポンジ」を手に入れた感覚
が得られるところにあると思います。
 
その「スポンジ」持ちながら同じ資格者と会話し
関連の情報や書籍に触れながら、水のように
知識が吸収していけるようなるのが資格取得の
メリットかと思います。
 
人生100年時代を迎え、長期間活用できるスキル
が求められる中、資格取得で、知識・スキルを
習得することは、個人のキャリア形成にとって
大いに役立つものと考えます。
 
今年4月、高年齢者雇用安定法が施行され、
社員の70歳までの「就業確保」が企業の努力
義務となりました。
 
定年延長は、世の中の必然だと思われますが、
企業は、もう一歩進んで社員の定年までの
キャリア支援、つまり“中身の充実”にもこれまで
以上に目を向けていく必要があると考えます。
 
単発の一日研修の費用負担だけでなく、
前述の人事の方が逡巡していたような
高額な研修についても支援していく、
そして、そのような制度が充実している企業に
意欲的な人材が集まり、結果的にその方々が
長く勤めて価値を出し続け、企業としての寿命
も延びていくのではないでしょうか。
 
軽自動車一台分相当の研修負担額。
これを高いコストとして一蹴するか、
それとも将来の先行投資と捉えて検討するか、
その判断に個々の企業の人材への価値観が
反映していくように思います。