Human Finder を使った採用

Human Finderを利用した成長人財を見極める採用方法をご紹介します

成長人財を見極める方法

  • 採用においては応募者に受検いただいたHuman Finder の結果を人事担当者の方に提供しているだけです。ただし、そのデータは以下のような2つの特徴があります。

企業とマッチングを診る

通年採用、定期採用ともに採用基準はかえず、共に企業とのマッチングを判断するデータを提供しています。やり方は企業理念、ミッション>ビジョン>バリューを具体的な行動指標に落として、Human Finder で測定しています。

これまでのデータでは、ジョブとのマッチングより、企業理念などとのマッチングが、定着率の向上や、モチベーション、成果のボトムアップに繋がっている傾向が見えます。 Human Finder は一般的なマッチングや職務とのマッチングではなく、御社にマッチしているかを判断するために参考となるデータを提供しています。

成長の可能性をデータ化

数年のHuman Finderのデータの蓄積で、自社で成長する人財と成長し難い人材が診えてきます。このデータを検証すると、今の御社のトップパフォーマーのデータと入社時の応募者のデータとの相関が決して高くはないことが分かります。定着する人財のデータも同じようなことが言えます。Human Finder は、御社における入社後の変容(成長)の可能性を判断するために参考となるデータを提供しています。

その他のソリューションを見るにはこちらから

Human Finderは各企業や組織に応じてカスタマイズが可能なプログラムです。評価されているソリューション方法をご覧ください。